仕事や生き方でなんだかモヤモヤ悩んでいませんか?・・・▶︎30代女性のための無料キャリア相談はこちら

もう不安にならない!幸せホルモンのためにやる3つのこと

みのり
30代の女性のための自己理解&キャリア発見に全力を注ぐ、情熱系おせっかいねーちゃんこと『みのり』がお届けします!

コロナ禍になって、対面での集まりは確実に減りました。結果的に、握手やハグなども含めて「人に触れること」そのものもが減っています。特に独身の私は、最後に握手やハグしたのがいつかも、思い出せないくらいです(汗)

そんな私は、なんだか最近、元気ではあるものの妙にイライラしたり、小さなことでも不安になったり、疲労感が取れないことがあります。生理前のPMSともちょっと違う気がして調べていたら、「幸せホルモンと言われるオキシトシンの不足」という可能性に行き当たりました。

もしかして、同じような苦しさを感じている人もいるかもしれないと思ったので、私が調べた結果を共有したいと思います!

音声で聞きたい方はこちら

幸せホルモン(オキシトシン)って何?

帝京科学大学の二神弘子教授と人間総合科学大学大学院の藤原宏子教授が執筆し、2018年9月の『第27回学術集会』に掲載された『オキシトシンと心身の健康』によれば、以下のように説明されています。

オキシトシンは、9個のアミノ酸からなるペプチドで、脳内の視床下部にあるニューロンで産生され、下垂体後葉に延びた神経終末からホルモンとして血中に分泌される。

~~~

鎮痛、不安の軽減、共感、他者への信頼感等にも関与していることがわかってきた。このためオキシトシンは、女性ばかりではなく、男性に対しても「安らぎ」と「結びつき」をもたらす物質であると考えられている。

また、最近になって麻布大学の菊水健史教授が『オキシトシンと視線との正のループによるヒトとイヌとの絆の形成』を発表し、人だけでなくペットとの絆によっても、オキシトシンが放出されることが証明されて注目を集めました。

幸せホルモン(オキシトシン)の効果とは?

すでにその効果には少し触れましたが、【幸せホルモン】ストレスを消し多幸感を与えてくれる“オキシトシン”を出す方法【神秘の力】によれば、以下の9つの効果があるそうです。感染症予防なんて、今まさに必要なものですよね。

  1. 幸せな気分になる
  2. 脳・心が癒され、ストレスが緩和する
  3. 不安や恐怖心が減少する
  4. 他者への信頼の気持ちが増す
  5. 社交的となり人と関わりたいという好奇心が強まる
  6. 親密な人間関係を結ぼうという気持ちが高まる
  7. 学習意欲と記憶力向上
  8. 心臓の機能を上げる
  9. 感染症予防につながる

私が最初に「オキシトシン」という言葉を知ったのは、かなり前のNHK番組だったと思います。お母さんが母乳をあげるときに出る物質で、この効果により、お母さんの子どもへの愛情が高まると説明されていたと思います。

その後何かの記事で、セックスしたり、キスしたり、身体的接触によっても放出されることを知りました。別名「愛情ホルモン」なんて言われて、このホルモンの効果で、二人の愛情がさらに深まると説明されていたと思います。

とっても大事なホルモンであることは明らかですね。特に、コロナ禍で感染症の危険もあり、そのせいで精神的にも辛い日々を送る私たちには必須かもしれません。このホルモン出せるよう意識して行動したいものです。

幸せホルモン(オキシトシン)を出すためには?

じゃあ、どうやったら出るの?ってことになりますよね。

恋人やパートナー(ペット含む)がいる方は、ぜひ積極的にスキンシップしていきましょう!これが一番早いし確実。しかし、私のように、30代(ついでに言うと、アラフォー)女性で、独身(しかも、恋人やパートナーもいない)の人はどうすの?ってことになります。

幸せホルモン「オキシトシン」で仕事のイライラを改善する5つの方法オキシトシンとは? 効果&分泌を増やす方法まとめから、私なりの視点でこれはいいな!と思った3つを紹介します。

1. いい匂いの精油を置く

日本メナード化粧品株式会社が2009年に発表した研究によると、ローズ・オレンジフラワー・バイオレットなどの精油を含む香りを女性にかがせたところ、5分後に唾液中のオキシトシン濃度が1.8倍になったそう。

と書かれている通り、これは効果が期待できます!私の個人的な経験から言っても、気分をリラックスさせたり、幸せを感じるのに「匂い」ってすごく重要だと思います。私も、さっそく週末に精油を買いましたよ♪

2. 音楽や映画で感動する

何かに感動したときや、すてきだと感じたときにも、オキシトシンが活発に分泌されます。

とのことです。成功パターンが見える!「おうち時間」を充実させるオススメ映画にも記載しましたが、Amazonプライム・ビデオさんのおかげで、気軽に映画が見れるので、積極的に感動していきたいと思います!

先日観た500ページの夢の束は結構よかったです。幸せホルモンを出すためにも、ちょっと泣いちゃうくらいのがいいかもしれないですね。

3. 身近な人に優しくする

人に親切にすることによっても、オキシトシンが分泌されるのだそう。いい行ないをしたあとにすがすがしく感じるのは、オキシトシンによって幸福感がもたらされるためです。

というのは、いいですよね!自分だけでなく、親切にされた人も幸せにできる可能性があります!例えば、同僚を積極的にサポートすることや、親しい人にプレゼントを贈る、「ありがとう」をたくさん言う、なんていうことで、すぐにでもやってみたいと思いました!

最近気になっているあの人に、今度プレゼントをしてみようかな♪

まとめ:ちょっとしたことでも幸せになれる!

東京のコロナ感染者はまた増えてきていますし、なかなかワクチン接種も進みません。「いつまでこの生活なんだ〜あ〜〜〜!!(涙&怒)」となってしまう気持ちはすっごくわかります。私もそうなる時が、よくあります。

でも、残念ながら泣こうがわめこうが、すぐに事態は変わりません。その事実を受け止めて、できることをやるしかないです。今回ご紹介した、幸せホルモン(オキシトシン)が出やすい行動をとることも、一つです。そうやって行動してみると、幸せって結構すぐそこにあるものなのかもしれないです。皆さんの幸せを、心から祈っています。

「幸せってなんだろう?」と思われたら、私と一緒に考えませんか?無料個別相談申し込みフォームからご連絡ください。30代の働く女性限定で、90分のオンライン相談に対応しています。


「近しい友達や家族には逆に悩みを言いづらくて一人で抱えてしまう…」
「溜まっている考えや気持ちを吐き出してスッキリしたい!」

モヤモヤサイクルから抜け出したい30代女性のあなたへ!話してスッキリ&あなたの強み発見スペシャリストみのりに90分無料でお話聞かせてください。

みのり
あなたと私の90分を絶対に無駄にはしません!相談後の怪しい勧誘や営業も一切ないので(笑)、安心して連絡くださいね♪

\お家からでも大丈夫!オンラインで90分無料♪/