仕事や生き方でなんだかモヤモヤ悩んでいませんか?・・・▶︎30代女性のための無料キャリア相談はこちら

どんな人に向いている?ストレングス・ファインダーの活かし方!

かなり暑い日も増えてきました!本日早朝ロードバイクに乗っていたのですが、水分補給を怠ってしまったせいか(原因ははっきりしませんが)危うく熱中症で倒れるところでした。スポーツドリンクの力を借りて復活しましたが、皆さんもどうか熱中症にくれぐれもご注意くださいませ。

話は変わりますが、私は今年の抱負として「キャリアに関わるセッション100回!」を宣言しており、その達成に向けて努力しています。大変ありがたいことに、多くの方に興味を持っていただき2021年7月11日時点で、64回のご縁をいただきました。本当に、ありがとうございます!

セッションの中で、最も人気があるのは「ストレングス・ファインダー」を活用したものです。ご興味ある方には詳しくご説明しますので、【働く女性向け】ストレングス・ファインダーコーチング無料個別相談にてお申し込みください。ちなみに、私はギャラップ社認定のストレングスコーチです。だからというわけではなく、個人的にも、このツールは自己分析やチームビルディングに有効だと思っています。しかし、「向いている人」というのは、実際あります。せっかくWEB検査を受けたならしっかり活かしてほしいので、今日はその辺りをお話していきたいと思います。

自分に合ったツール・フレームを選ぼう

本題に入る前に、お伝えしておきます。世の中にはたくさんの自己分析ツール・フレームがあります。ぜひ自分に合ったものを選びましょう。誰かからお勧めされたとしても、それが合うかどうかは、自分にしか分からないものです。

人は、人生を通じてさまざまな人と関わります。だから、自己分析・他者理解・チームビルディングなどが必要になり、世の中にはそのためのツール・フレームがたっくさんありますよ。パッと思いつくものだけでも・・・

  • 適性診断
  • 動物占い
  • 血液型性格診断
  • DiSC分析
  • MBTI
  • ストレングス・ファインダー などなど

これは、自分や相手を理解するための「共通言語」のようなものです。片っ端からやってみて探す人もいるでしょうし、世界的に評価が高いものを選ぶ人もいるでしょう。探し方も人それぞれだと思います。

ちなみに、参考までにお話すると私は前者のタイプで、現在では「MBTI」と「ストレングス・ファインダー」が気に入っています。

ストレングス・ファインダーを活かすのに向いている人の特徴

では本題です。ギャラップ社の「ストレングス・ファインダー(正式名称:クリフトン・ストレングステスト)」というツール・フレームを活用して自己分析をしようとされる方が増えています。さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0 という書籍は昨年、累計100万部を突破し、現在も売れ続けています。

すべての人に使ってもらいたいとは思うものの、実際、それを活かすことに向いている人とそうでない人はいると思います。今日は、私がこれまでに実施してきたセッションの経験をとギャラップ社の提唱する原則をもとに、「3つの向いている人の特徴」をお伝えします。

1:具体的な目標が立てられる人

ギャラップ社が考える「才能・資質・強み」はそれぞれ違う意味を持っています。そして「強み」は与えられるもの、元来備わっているものではなく、自らが意思を持って、育てていくものです。そのような考え方であるため、「ストレングス・ファインダー」に基づく能力開発は、その人が自分の才能を具体的な目標に向かって活かし始めたときに起こります。

つまり、具体的な目標が立てられる状況にある人・立てられる人に向いています。

2:前向きに向き合える人

極稀にですが、ストレングス・ファインダーの結果やご自身の状況について、もっと言えばあらゆることに、前向きに向き合うことが難しい方がいます。私もそうですが、大抵の人の人生は、いつもバラ色とはいかないものです。自分ができていないことに、より注意が向きやすい時があることも理解できます。ですので、そういう時は、その時に大事だと思うことを優先させましょう。WEB検査の結果や、過去・現在の自分や仲間について前向きに向き合えるようになってから、自己分析を進める方がいいと思います。

つまり、様々なことに、前向きに向き合える人に向いています。

3:お互いを必要とし合える人

「ストレングス・ファインダー」のWEB検査結果は、あなたの上位・中位・下位資質を明らかにします。上位があるということは、下位もあります。つまり、あなたは万能ではないことも同時に受け入れる必要があります。その上で、自分が得意なことに集中できる環境づくりやマインドセット、具体的なスキルの習得などを検討するわけです。その過程においては、周囲の助けを得ること・自分が周囲を助けることも検討します。

つまり、自ら周囲を必要とし、そして相手にも必要とされる人に向いています。

まとめ:万能ではないが選ばれるツールになってほしい

ギャラップ社の「ストレングス・ファインダー」は書籍の発行部数が示すとおり、日本でも大変多くの人に認知され、使っていただいてます。ただし、万能なツールではないと、私は思っています。

ぜひ、今日お話したことを参考にしていただき、その上で「皆さんから選ばれるツール」になってほしいと思います。


「近しい友達や家族には逆に悩みを言いづらくて一人で抱えてしまう…」
「溜まっている考えや気持ちを吐き出してスッキリしたい!」

モヤモヤサイクルから抜け出したい30代女性のあなたへ!話してスッキリ&あなたの強み発見スペシャリストみのりに90分無料でお話聞かせてください。

みのり
あなたと私の90分を絶対に無駄にはしません!相談後の怪しい勧誘や営業も一切ないので(笑)、安心して連絡くださいね♪

\お家からでも大丈夫!オンラインで90分無料♪/